スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
そば通信

そば打ち職人の独り言;

こんな政治家は要らない。

今年の国家予算は92兆円です。もう間もなく100兆円になることでしょう。歳入は50兆円もないのにつまり半分は借金で賄うわけで、借金の総額も間もなく1000兆円に近い。つまり、年間200万円の年金しか収入がないとすると、あと200万円を借り入れて400万円分で旅行に言ったり贅沢な食事をしたりの豪華な生活をし、借金の総額はもうすぐ5000万円になるけど何の心配もせず息子たちにその借金は引き継ぐことしか考えていないようなものだ。

前年を下回る予算を立てることなど景気回復を期待する国民の声に答えるにはとても出来ない。アメリカの大統領なら当選して4年間はどんなことがあってもその地位を失うことはなく、期間中に必要と思われる政策を世論を見方にし、議会を納得させられれば思い切った政策が実行できるが、日本では派閥政治で多数の賛成者を確保できなければすぐに地位を剥奪され総理大臣の職を解任される。なんとも仕組みも不自由に出来ている。

希望は来年の予算は思い切って歳入と同じ50兆円を限度額に立てて欲しい。借金返済もその中からするから、真水で使える予算はほとんどない。したがって官庁もリストラが必然となる。ばら撒き入らない。1兆円もの景気対策として国民に配った金は何の効果があったのか。政治と政治家の限界が見えた気がしただけだった。税金や借金を投入して底上げした形だけでGNPを作ってきたことがはっきりしてくるだろう。大企業の特に建設業者はほとんどつぶれるだろう。金融機関も回収不能が出てつぶれるところが出てくる。税金を投入して企業救済することは一切しないと前もって企業の自助、自立を促しておくことが良い。大量の失業者が出て食べていけない人も出てくるだろう、予算の大半はその弱者と教育と福祉に回す。軍事費や公共工事はもちろん、一年や二年はゼロの予算で役人に仕事をさせない期間、役人に考える時間を与えることも良いのではないか。その間に全てを見直すのである。

なんていったって日本には資源がない。唯一の海洋資源でも国際的な資源保護の声に首をしめられていくだろう。なんといっても借金で国家が債務不履行になり子孫に付けを回してみじめな国民になりたくはない。

中国は貧しいけれども外国に借金が一銭もない。国債もほとんど発行していない。その昔、中国は借金で国家と民族を滅ぼしてしまうということを身をもって体験し苦しんだ。資本主義国や先進国からの投資や借款を受け入れると国内,国土を食い荒らされ、最後には奴隷になるということを中国は19世紀以来死の苦しみを味わった。中国には未来はないとさえいわれた時代もあった。だから先進国からの技術移転や投資など、限られた範囲の中で受け入れ、ハンドリングできなくなるような改革、開放はしない。あくまでも市場開放は計画的な中だけで行うということだ。中国は日本と違って新しいものや革新的なもの、新技術新制度、その他革新的なものに日本人ならすぐ飛びついて変わり身の速さで世界を驚かすような身軽さはない。何でも大陸的で壮大な実験期間があって100年〜200年かかる壮大なことも平気でやる国だ。日本人のように借金や投資を受け入れて、実現には時間をかけず返済はその後100年でも200年でもあとの世代に引き継ぐような無責任なことはしない。むしろ逆で、今は基礎図クリ、実験団塊だから、教育でも経済政策でも23年やってみてうまくいかなければ違う実験方針を実行する。そして徐々に中国にあった仕組みややり方を取り入れていこうとしていて、決して投資的、リスクの伴う政策はやらない。決して日本で成功したからとか先進国の成功例などをまねしようなどとは考えていない。これは国民的な違いだ。島国の日本と大陸の中国の違いであり、歴史、文化の興った国といろいろな国の文化を取り入れてごちゃ混ぜの中から選りすぐりの技術や文化を抽出しようとする文化の違いだ。だから世界中から非難される。でもどんな非難でもはじき返している。

資本主義でも社会主義でも共産主義でもなんでも良い、主義は別に何でもかまわない。要するに生活を楽しく豊かな日本人らしい生活ができるようにして欲しい。今の政治家は国の借金をどうやって返していくのか、この国をどんな夢のある国にしていくのか、その実現の方法など政治家に期待していることは全く示してくれない。政治家は今、自分が次に選挙にどうしてあがるかと言うことしか考えていない。自分たちの派閥が政権を握り、政策遂行できる権力を取ることしかないのである。国民のために、という聞き飽きた念仏はもう無意味だ。誰と誰と手をつないだらどれだけの勢力を政治家として発揮できるようになるかと言うことしか彼らは考えていない。

説明責任とか何とか言っているが、理屈で物事を解決できるとは誰も思っていない。国民もそんなにバカではない。何も言わなくても結果を出す人が何倍も価値があるし信用できる。欧米からの受け売りで、グローバルスタンダードといってすぐに米国のやり方を真似て知ったかぶりをする人がいるが、日本人の男は黙って結果を出すほうが日本のスタンダードだ。

こんな政治家は要らない。

尖閣諸島に中国の漁師が無断で操業していたといって海上保安庁が拿捕した。中国は直ちに釈放しろといっていろいろな圧力をかけてきた。日本政府は日本の領土に不法に侵入したものは日本の法律にのっとって粛々と手続きをやると言っておきながら、突然釈放した。中国がどうして自分の領土であるといっているのか、その根拠を知りたい。また日本から見た日本の領土である根拠も改めて知りたい。昔から国民は官僚や政治家に騙されることが多く、彼らのいっていることはほとんど信用できない。国民が一人一人自分の判断で尖閣諸島が本当に日本の領土であるのかどうなのか、判断できる情報を正確に欲しいものだ。

 

文明が普遍的で誰でも参加できるものとしたら、文化はその民族に特有で特殊なもの。他民族からは理解できないものが、ぬくもりがあり、心安らぐものであるというのが司馬遼太郎の言っていた言葉だ。江戸時代の日本が良かった、薪で沸かす風呂に入る、竈で炊いた米で生活したい、素朴な昔風の味のそばが食べたい、このような文化の穴倉へはまり込んだらそこは徹底して心に響いてくるものがある。

 

現在の日本の官僚機構は老化期に入っていて柔軟性を失い、硬直している。

「日本歴史を点検する」司馬遼太郎と海音寺潮五郎の対話集より

国家と言うものは、アメリカはアメリカ国民を他の国民に優先して保護し、日本は日本国民の利益をどこの国民より優先して保護する。保護することが国家存立の目的なのですからね−(中略)

しかし、これは現在の時点までのことで、本当は世界がひとつになって、国家なんぞなくなって、全人類どこへ行っても同じように利益を享受できることになれば、それが一番良いのですね。それは何百年先のことか分からないが、いつかわそういう時代がくるでしょう。そうなるように人類は努力しなければならない。

司馬遼太郎

「名こそ惜しけれ」

恥ずかしいことはしない、自分に対して、世間に対して、家族や子供に対して

宗教の代わりに倫理規範になっていた

若い人は仕事を選びすぎる。辛抱が足りない。志がうすい

徳川慶喜(15代将軍)は、風呂敷包み一つで水戸へ帰る。権力交代のときは財産および権力は全てかえす、身一つで出て行く。

そば通信 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://isshinanshu.jugem.jp/trackback/2
<< NEW | TOP | OLD>>